子宮内膜症は、20代〜30代の女性に多くみられる婦人科系の病気の一種です。 本来であれば、子宮内腔にしかできるはずのない子宮内膜が、子宮以外の場所にでき、生育してしまう病気です。 子宮内膜症の原因は、完全には分かっていないのが現状ですが、いくつかの原因が考えられています。 一つめの原因は、毎月女性は生理になりますが、その時に血液が卵管の方に向かって逆流してしまい、お腹の周りに留まってしまうということです。 二つめの原因としては、腹膜が何らかの理由により、子宮内膜に変化するということが挙げられます。 そして、三つめの原因は、アレルギーによるものです。 それに、20代〜30代で発症するケースが多いので、妊娠などと関係があるとも言われています。 また、不妊治療をしている女性に発症するケースが多いとの報告もあるようです。 子宮内膜症の典型的な症状は痛みですから、生理痛が通常よりもひどくておかしいなと感じる場合などは、ためらわずに婦人科を受診することをオススメします。 我慢したり、薬でごまかしたりしないで、早めに婦人科を受診してください。